レヴォーグ D型 1.6L STI Sport 感想

Dscn0379_3

というわけで、先週納車になったレヴォーグ。2泊3日ほどロングドライブに行ってきたので、感想をまとめてみようかと思う。

比較対象は、こちら。

02

インプレッサ S-GT(GH8)。2.0Lターボ240馬力 E-4AT 9年12万km乗りました。

外観

ノーマルモデルと比べてフロントマスクが若干古くさい気もしなくも無いが、まぁその辺は好みの問題か。最近のト○タみたいに、わけのわからんフロントグリルとか、無いよな…

LEDアクセサリーライナーは、最初は悪目立ちするかなと思ってはずそうかと思ってたんだけど、意外と日中や夕暮れ時などの視認性向上に悪くは無いかなと思ってきている。最近のはやりみたいだし、まぁ悪くは無いかな。

ということで、全体として悪くないと思う。

内装

Dscn0380_2

STI Sportのウリは、ボルドー基調の内装にもあると思うが、この色はアリだと思う。ただまぁ、本革かどうかは関係無く(あるのかな?)、やはり夏場は蒸れる。エアーを送れるシートカバーを付けるか悩み中。

あとは、シートベルトの受け口(なんて言うのかな?)が微妙に振動でカタカタ言うこと。シートベルトのクリップ(?)を付けた影響っぽいので、これは要対策検討。クリップ付けないと、ベルトのところが蒸れるんだよね…(´・ω・`)

その他、基本的に内装の質感は高く、満足。

基本性能

2.0Lターボ240馬力E-4ATから、1.6Lターボ170馬力CVTに変わったわけだけれど、これについては不満は無いというか、以前より快適。

まずパワーについてだけれど、そもそも以前の車でも240馬力をフルに発揮するような加速が必要だったかというと、山道での追い越しでさえそこまで要らないという… 170馬力でも全く問題無し。SIドライブをSモードにすれば、通常の山道なら3000回転行かずにぐんぐん登って行ってくれるし。

さらにいろいろ賛否が分かれるトランスミッション。MTでこだわる人ならまだしも、比較元がE-4ATの自分としては、CVTのスムーズな動きは逆に感動物。中途半端な坂道での中途半端なシフトダウンに悩まされること無く、とても快適。

ただ、ちょっと気になるのは… 気のせいかも知れないのだけれど、40km/h前後での緩加速において、何となくノッキングというか、不規則な前後振動を感じる気がする。レヴォーグのエンジンのノッキング問題は有名な話なので、これがそうなのかどうなのか。もう少し要観察という所。

ハンドリングや静音性は言うまでも無くものすごく快適。路面の凹凸は拾うけどトゲは無くまろやかな感じ。音も、エンジンがかかってるのが分からないほど…とは言わないけれど、本当に静か。

なお、燃費は、長距離をはしって13~14lm/L、街乗りで10km/L前後といったところだろうか。

アイサイト

まずは安全面から。衝突防止についてはもちろんまだ体験はしていないけれど、警告は何回か経験。

1つは、前走者が左折するとき、まだ左折しきってないで近づきすぎると、接近しすぎという警告が鳴る。ちょっと過敏かなぁという気がしないでも無いが、仕方ないところかな。

もう1つは、急カーブなどで何かの拍子に誤検知したのが2回ほど。何を検知したのかはわからん。

次に車線逸脱警報。左右の車線を逸脱しそうになると警告が鳴る。これは良いと思う。便利。分かっててやってるときは気にしなければいいんだしね。

そして最後に、「アイサイト・ツーリングアシスト」になった半自動運転機能。これは便利。高速道路に乗って、速度をセットすると、あとは目的地のインターまで、車線変更とジャンクションの処理くらいしかやること無し。ハンドルを持っていないと(10秒以上ハンドルにトルク入力が無いと)アラームが出るんだけど、片手をハンドルの下の方に添えて腕の重さを掛けてるだけで、左右どちらのハンドル回転にも抵抗がかかる=逆トルクがかかるので、それだけでハンドル保持を認識。「ツーリングアシスト」となってるけど、逆に半自動運転のハンドル操作を、人が多少フォローして滑らかさを追加してあげるというイメージ。

認識精度としては、主要な高速道路ならほぼ車線認識が途切れること無く走って行ける。ただしやっぱり完璧では無く、いくつかのシーンで認識が切れることがあった。

1つは、阪和道の南の方で対面通行区間。トンネル内の中央線が、ポールがあるためか汚れていて、オレンジも白も人の目でも見づらい状態。当然アイサイトも中央線側を認識できず、左側の線のみを認識。そこでトンネルの出口に来ると、逆光なども相まって認識が途切れることが2~3回。トンネル外はポールがあっても綺麗なんだけどね。何でだろうね。

あとは当然、田舎の自動車専用道などで白線の整備がされて無くて消えかかっているところで認識が切れることが2~3回。
これに関して、アイサイト・ツーリングアシストになって、車線が認識できなくなると前走者についていこうとするんだけれど、これが誤作動(?)して怖いシーンが一度。
片側2車線の道で白線が消えかかっていて車線認識が途切れた瞬間、前走者は居ないものの左車線のやや前側に車が1台。この状態でこの斜め前の車を前走者と認識したのか、急に進路を変えて左側の車の後ろにつこうという動作をした。突然車が左に進路を変えたのでびっくりして慌てて強制的に進路を戻す。人間の目にはうっすらと見える程度の白線があったので、何の前触れも無く突然左車線に車が勝手に進路を変更しようとしたような感じ。左に車が居なくて良かったよ。
ということで、完璧では無いので、かならずすぐに操作ができるようにというのは必須。自動運転Lv2なので、あくまでドライバーの補助だしね。

新名神でも設定可能速度の最大速度も試してみたけど、何の問題も無く快適に走行。

総じて、アイサイト・ツーリングアシストでのロングドライブは超快適。ほとんど自動運転。

ユーティリティ

運転席周りでは、給電用のUSBが出来たのはいいかな。ただ、スマホを置くと微妙に小物入れが狭いのが玉に瑕。サングラス置き場とあわせて、置き場は要検討、かな。

後部座席の4:2:4分割はまだ試してない。冬場にスキーに行くときに重宝するかな?

荷室については、スペアタイヤを積まなくなった代わりにサブトランクが出来たのが便利。これまで荷室に、900x400x150のツールボックスを積んでこの中に三角停止版など色々入れていたのだけれど、中身はほぼすべてこのサブトランクに収納できたので荷室がすっきり。これで簡単に自転車とかが積めるね。

Dsc_2470

あとは、パドルシフトのシフトレバーが少し小さいことが不満かな。ハンドルの上の方を持った状態ではパドルに届かないので、写真のように延長するカバー(?)を付けてみた。ちょっと肉厚すぎるのが気になるけど、まぁ無いよりは良いかな、ということで。

それから、ステアリング連動のヘッドライト。これ、おもしろいね。夜間の山間部で左右に大きくハンドリングするシーンで良く分かったんだけど、思った以上に左右にぐりぐり動く。これは安全面でとても良い機能だと思う。

そうそう、あととても重要なのが、AVH。オートビークルホールドだっけか。これをONにすると、停車時に少し強めにブレーキを踏み込むと、あとはその状態を足を離しても維持してくれる。ブレーキランプもついたまま。信号が青の変わったらアクセルを踏むだけで自動的に解除。足が楽ちん。
今まではシフトをNにしてサイドブレーキを引いてたから、ブレーキランプは消えてたんだよね。これでより安全に足が楽できる。結構信号待ちとかでブレーキを踏み続けるのって、疲れるんだよね。
渋滞時や隘路での離合で停まったり動いたりを繰り返す場面ではOFFの方が良いと思うけど、通常の信号待ちなどではとても重宝。

とりあえず、わずか納車1週間でのインプレッションはこんなものかな。いや~、しかし最近の車は進化がすごいねぇ。
簡潔に感想をまとめると、「快適! 楽ちん!」 これに尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD-1 ライトの取り付け位置の変更

BD-1はハンドルバーの地価が高い、とある人は言っていた。

言い得て妙だな、ということで、先日スマホフォルダーを変えたことでフロントライトがなんとハンドルバーエンドバーへ追いやられていた。(写真右上)

Dsc_1600

さすがにバランスが悪いと言うことで、こんなものを調達。

Dsc_1601_2

crops BX1 HUB LAMP HOLDERというもの。

本来は、パッケージの写真にあるとおり、前輪のハブ(真ん中の部分)に取り付けるものなのだけれど、ちょっと工夫して別の場所につけてみようかと。

Dsc_1602Dsc_1603

で、M5のボルトで取り付けるんだけど、内部に通すにはボルトヘッドが大きすぎて入らないので、ひたすらやすりでヘッドを削る(笑) これでも一番小さい奴を探したんだけどね。

Dsc_1604

で、こんな場所に取り付け。

Dsc_1605Dsc_1606Dsc_1607Dsc_1608

ライトを取り付けるとこんな感じ。

Dsc_1609Dsc_1610Dsc_1611

畳んだ状態でこんな感じ。

このライト、多少左右に振れるので、畳んで押しているときもライトをつけられるかも知れない。そんな使い方するか知らんが(笑)

とりあえず、これで大夫マシになったかな。

なお、外は40年に一度の寒波らしいので、試走はまた今度ということで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニターの認識がおかしくなった

久々にパソコンネタ。

液晶を2台繋げてマルチモニター環境で使ってるんだが、突然、うち1台の接続がおかしくなった。

デバイス認識を失った音の直後に認識の音、これを20秒間隔で繰り返し、モニターには一切映らない。

デバイスマネージャーやモニター設定画面を見ていると、認識している間も、解像度などの詳細情報は認識していない模様。

接続は、オンボードの出力。

メインに使ってる、増設グラフィックボード側のモニターは何も無いので、とりあえず支障は無いんだが…

逝ったのは、モニターか、オンボードの回路の方か。

そろそろパソコンも買い換え時かねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドル上部の軽量化

Dsc_0723

これが、愛車BD-1のハンドル上の構造物(笑)

結構な重量がある。

というのも、いろいろごちゃごちゃ付いているのもあるんだけれど、スペースが足りなくて、アルミ製(?)のアディショナルバーを増設して、そこにスマホとライト(のマウント)を付けている。

これがけっこう重いのと、スマホの純正マウントが、写真の通り袋状の物になっていて、着脱が面倒なので、このあたりを更新することにした。

Img_0194

とりあえず、外した物がこれ。けっこうゴツい。

で、こうなった。

Dsc_0724 Img_0191 Img_0192 Img_0201 Img_0203

まずは、重いアディショナルバーを、カーボン製のこちらへ交換。

んでもって、スマホのマウントも、スマホをワンタッチで着脱できる、RAMマウントへ交換。

これ、着脱感は悪くないんだけれど… いくつか不満点が。

  • バーに取り付ける部分が、プラスチック製のベルト。マウント部とベルトの取り付けに苦労した(工作精度の問題? というか根本的に設計が間違ってる気がする…)のと、はみ出た部分が邪魔。さらにズレはしないんだけど、前後に揺れる。がっちり固定がされない。
  • マウント部とホルダーを繋ぐ、球体関節(?)みたいなやつ、はめるのにすごい苦労。ものすごい力が要る。これだからアメリカ人は…(´・ω・`)
  • 全体として、高さがある。邪魔。もっとコンパクトにできないもんか。

ということで、ホルダー自体は悪くないし着脱も容易なんだけれど、ベース部分はいろいろと問題ありやな、と。

まぁ、とはいえ、前の金属製のアディショナルバー+SONY純正スマホマウントよりはかなり軽量化できたし、それは良しとしようかな、というところ。

スマホマウントは、今後も要代替品物色だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリアのホイール交換

愛車BD-1のリアキャリア。

畳んだときに転がせるように車輪が付いてるんだけど…

Dsc_0688

これ。純正の物からインラインスケート用の車輪(車と違って、カタカナ表記は「ウィール」なんだね)に取り替えてあるんだけれど。

もう交換して3年半も経ってるんで、結構変質して色が変色しちゃってる。

ということで、新品に交換してみた。

Dsc_0689

取り外して並べてみるとこんな感じ。左は右の新品よりもっと透明でクリアーな色だったんだよね。取り付け時はこんな感じ。

Dsc_0690

1個交換するとこんな感じ。

全部取り替えるよ!

Dsc_0691

うむ。すっきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステムを元に戻した

愛車BD-1のステムを、BD-1購入から1年も経たずにアジャスタブルステムCタイプに交換していたのだが、久々にノーマルに戻してみた。Dsc_0635Dsc_0636_2 Dsc_0637Dsc_0638Dsc_0639Dsc_0640

元記事で比べてもらえばわかるけれど、ずいぶんポジショニングが異なる。

また、ハンドリングも相当違うので、まるで別の自転車。

新年はしばらくこれで試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアキャリア ちょっとだけメンテ。

愛車のBD-1。振動でリアキャリアがガタガタ言う。

Dsc_0473 Dsc_0476

ということで、ちょっとだけメンテ。

Dsc_0575

ここを…

Dsc_0576

外して

Dsc_0577

間にナイロンワッシャーを挟む。

これだけ。

がたつく音がしなくなって、快適快適♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あつ美 - お店からお礼のお酒をもらった。また行こう。

今日、帰宅したら、通販で頼んだ覚えの無い、お酒が1本、自分宛に届いていた。
なんぞ?と思ったら、先日旅行で長野に寄った際にたまたま入った飲み屋からだった。
特にあてもなく、ホテルの紹介でふらっと入った飲み屋。
平日月曜で雨で客も他に居ないという中で、美味しい料理と、店員さんとの楽しいトークで、楽しかったよ~、食べログなどに書いておいたよ~、とメッセージを入れたお店からだった。

まさかこんなお礼をいただくとは思いもせず。
是非また長野に行った際には寄らせてもらおう。

関連ランキング:居酒屋 | 市役所前駅長野駅(長野電鉄)長野駅(JR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.03現在の愛車BD-1の写真

たまには現時点の装備がわかる写真でも、残しておこうかな、と。

Dsc_0473 Dsc_0474 Dsc_0475 Dsc_0476 Dsc_0477

キックスタンドを交換した直後。

でっかいサドルバッグの中には、輪行用のイージーカバーやフロントライト、予備のタイヤチューブなんかが入ってる。

ハンドルステムは伸縮タイプなので、近所の散歩は高い位置ママチャリちっくに。長距離を走るときは低く下げてスポーティーに。

ま、よりスポーティーに走ろうと思ったら、もう少しサドルを前にしないとあかんけど。いい方法無いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国ドライブ旅行 2014秋 4日目 2014/9/22 帰宅編

前日のしまなみ海道の疲れが残りつつ、まったり帰宅モードへ。

まずは到着時刻を調整しつつ、昼前に香川の坂出へ。

Dsc_0358

日の出製麺所。11時半~12時半しか飲食営業しないということだったんだけれども、11時10分頃に着いてもすでにコレだよ。というか、すでに食事も始まっていて一巡くらいしてる感じだったぞ。どうなってんだw 連休の谷間の平日だっつーに。

ということで昼食時うどんを食い、土産にうどんを購入。これも会社の人のリクエスト。

ってか、一袋一人前だと思って買っていったら、一袋三人前だった。買いすぎた(´・ω・`)

その後、高松市内のさぬき産業工芸館 サンクラッケというところでさらに土産を調達しつつ、淡路島を経由して神戸へ。

Dsc_0359

温泉で自転車の疲れを癒やす。ということで、有馬温泉金の湯

Dsc_0360

夕食は、近江牛ということで、土山S.A.近江三昧土山にて。ちょっと脂っこかったかな…

んで、最後は、横浜町田I.C.で降りるのに休日/深夜割引を適用するため、海老名S.A.で時間調整しつつ、日付が変わった頃に帰宅。

Dsc_03612

翌日、綺麗に洗車して旅行は終了。長距離を走ると、虫だらけになるからね。

5年で8.5万kmほど走ったけど、まだまだこう見ると綺麗。いや、よく見ると石が跳ねた細かい傷とか、細かい擦った跡とか、傷だらけのドアノブとか、いろいろあるけどねw

インプ君には、まだまだがんばってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«四国ドライブ旅行 2014秋 3日目 2014/9/21