« 幻の5速 | トップページ | ウィルスバスターの問題 »

『「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官』

朝日新聞がまたぞろ騒いでますな。

「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官

「A級戦犯はもう罪人でない」なんて、何を分かり切ったことを騒いでいるのだろう。
そもそもA級戦犯なるものが規定された極東軍事裁判なるものは、裁判という名を借りた恣意的なリンチであり、「大東亜戦争序盤に極東の黄色い猿にボコボコにやられたのは気に食わんので仕返ししてやる」といって判事の経験すらない素人が敗戦国の日本の軍関係者を難癖付けて死刑にしまくったという、どうしようもない代物。
だから、国内に於いては戦後、「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」や「遺族援護法改正」などで、旧敵国の軍事裁判により有罪とされた人は日本の国内法では罪人と見なさないという判断が「全会一致」で示されている。
しかも、この取り組みに最も積極的だったのは当時の社会党…
要は、戦犯とされた人たちというのは、日本民族・国家の生存を賭けた戦いに身を捧げ、さらに戦争が終わった後にも国民に旧敵国の「仕返し」の手が及ばないように自ら盾となり犠牲になった、いわば英雄として奉られるべき方々であるはずである。
そもそも、極東軍事裁判なるものがどんなものだったかは、パール判事に関する文献を読んでみれば明らかでしょう。

であるから、森岡氏の発言は至極当然、全く間違いのない公正なものであって、これを問題視すること自体が問題だろう。

流石朝日である。そして産経は記事にすらなってない。さすがである。

|

« 幻の5速 | トップページ | ウィルスバスターの問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官』:

» 敵意剥き出しの朝日新聞(靖国神社) [映画]
朝日新聞が森岡外務次官の発言で敵意剥き出しの社説を掲載した。 【社説】2005年 [続きを読む]

受信: 2005.05.29 00:51

« 幻の5速 | トップページ | ウィルスバスターの問題 »