« 袋 属性 | トップページ | 寒川神社 »

dynabook ss RX1 T7E にSSDとWindows7を入れてみた

正月休みを利用して、モバイルノートのHDDをSSDに換装、ついでにOSもWindows7にしてしまおう計画を発動。

まずはアキバのTSUKUMO e.x.で、Intelの120GBのSSDと、DSP版Windows7 Home PremiumをGET。恥ずかしい紙袋だったのは先日書いたとおりだ(笑)

Imgp2905 買ったもの。

で、こいつを分解する。

Imgp2906

ちなみに分解するにあたっては、こちらのサイトを参考にさせて貰った。

いきなり、手持ちのドライバーでは、ネジの山には入らない事態が発生… orz 精密ドライバーを買ってきたよ(笑)

Imgp2907

開いた状態。休止状態からONにして電源OFFにする際に撮ってみた。

Imgp2909 Imgp2910 Imgp2911

一応、モニターとキーボードの間に緩衝用に布を挟んでから裏返し。

Imgp2912 Imgp2913

バッテリーを外し、メモリーカバーも開けてみる。(いらなかったw)

Imgp2915

ちなみに、ネジはこういうケースに入れて分けておくと安心。

Imgp2916

というわけで、参考サイト通り、ネジを外して、裏側のカバーが外れました。

Imgp2917

入っていたHDDを取り外します。単にフレームに乗っかっているだけなので、ひょいと持ち上げて、SATAのコネクタを抜くだけ。

Imgp2918

入っていたのは、TOSHIBAのMK8046GSXというモデル。

Imgp2919_2 Imgp2920_2

IntelのSSDに入れ換えます。SATAのコネクタに接続し、載せるだけ。

で、あとは元通りに組み立てて、ハード的な作業は終了。

Imgp2921_2

DVDからブートして、普通にインストール。

Imgp2923_2 Rx1_20110104_2

パフォーマンススコアは、データ転送が7.2に! 休止状態からの復帰が、指紋認証によるロック解除も含めて30秒以内で終わって作業に復帰できるのはいい感じ。

ちなみに、追加でインストールしたのは、東芝のサイトからDLしたTOSHIBA Fingerprint Utilityと、タッチパッドのドライバ。タッチパッドの方はVISTA用しか見あたらなかったけど問題無かった。

もろもろアプリ入れて、最後にデフラグ。そのあとにデフラグのスケジューリングを停止。

最後に、ココのサイトを参考に、trimの有効の確認と、Prefetchの停止で作業終了。

ちなみに、ついでにココを参考にメモリ増設を試みたものの、2種類試して玉砕したのはそこはかとなく秘密ですw やっぱ、特定のモデルのメモリー限定なのかなぁ…(´・ω・`)

|

« 袋 属性 | トップページ | 寒川神社 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ついでにココを参考にメモリ増設を試みたものの、2種類試して玉砕したのはそこはかとなく秘密ですw やっぱ、特定のモデルのメモリー限定なのかなぁ…(´・ω・`)>僕もでした。このページを先に見ておけばよかったと激しく後悔だ

投稿: Yoshi | 2012.06.13 19:29

あはは^^; 仲間だ。

投稿: ごっつ | 2012.09.09 14:29

私もメモリー増設に挑戦しましたが、ダメでした。
本当に、3GBに増設できる場合が、あるのでしょうか。

投稿: kotani | 2013.09.05 18:23

SS RX1をSSD変装してvista→7にしてスクロールがなくなり、タッチパッドのドライバを探していました!
ありがとうございます!

投稿: Mr.I | 2013.11.09 18:56

私も3GBへのメモリー増設に失敗しました。バッファローの2GBを購入して挿してみたのですが、認識されず。

投稿: ぼう | 2016.02.22 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36965/50491897

この記事へのトラックバック一覧です: dynabook ss RX1 T7E にSSDとWindows7を入れてみた:

« 袋 属性 | トップページ | 寒川神社 »