« 東日本大震災 被災地見学 陸前高田 | トップページ | 東日本大震災 被災地見学 大船渡・釜石 »

奈良田の里温泉、丸山林道

2011.08.07(日)

来週1週間が夏休みということで、事前にカーナビの地図を更新しておくことにした。

………アップデートに130分必要だと~!?( ̄ロ ̄;)!!

というわけで、どうせならということでドライブにふらっと出かけることにした。

まずは、東名に乗って御殿場へ。そこから富士山麓をまったりと西へ走り、とりあえず昼に富士宮に到着。

Nec_0079

まずは定番の、富士宮焼きそばで昼食(笑)

ここで、カーナビのアップデートも終了。ちょうど2時間。見込みより10分早く終わったね。

その後、国道52号を北上し、身延町上沢という、本栖みちと分岐するところで、本栖みちと反対の西へ進路を変える。南アルプス街道という、南アルプスのど真ん中を北上する僻地の道だ。

しばらく行くと、西山温泉という秘境の温泉にたどり着くが、そこを通り過ぎてさらに北上すると、「奈良田の里温泉」という、もっと秘湯にたどり着く。まぁ、秘湯と行っても車で来られるんだが…

ちょうど、奈良田は、ここから先がマイカー規制になっていて、南アルプス登山客の休憩場所となっている。

そんな場所にある日帰り温泉+休憩施設(どっちかというと休憩施設がメイン?)な奈良田の里温泉。

Nec_0080 Nec_0081 Nec_0082

和風の趣のある建物。1枚目の奥に見える一段高いところにある建物が、温泉施設。入浴は\500、休憩室利用込みだと\1,500也。食堂もあります。

温泉はそんなに広くはないんだけど、すごくいい泉質! 無色無臭(若干硫黄臭?がするかも)という、見た目は変哲のない温泉なんだけど、触感はぬるぬるというかすべすべ。アルカリ性だからね。

湯温は41℃と、そこから1段下がった温めのお湯の浴槽二杯。

で、何がいいって、出たあとまだ2日ほどだけど、お肌がすべすべさらさら!(笑) 帰り道、あまりにもさらさらすぎて、スマホのタッチパネルの反応が悪くて困ったさ。女性にはいい温泉なんじゃね? まぁ、一緒に来てくれる人はいないんだけどさ…(´・ω・`)

さて、天気は小雨+雷というところなんだけれど、本日後半のイベントがこの後に。

丸山林道。奈良田から、東の甲府盆地への山越えショートカットなんだが、なかなかにハードな道。

Imgp3410 Imgp3411

奈良田側の入り口からしてこれ。道が川になって小石が沢山。しかも奈良田から入ってスグが、舗装がボコボコになってて、これなら未舗装の方がまし!というくらいボコボコw 轍が酷すぎて腹を擦るとか…w こぶし大の落石はそこら中に。

しばらく未舗装(1割くらい?)と荒れた舗装(半分?)とまともな舗装(4割?)を進むと…

Imgp3412 Imgp3413 Imgp3414 Imgp3415

途中、未舗装林道への迂回があったり…

Imgp3416 Imgp3417 Imgp3418 Imgp3419 Imgp3420

最後にちょっとだけ富士山見えたり…w

Imgp3421

途中、丸山付近では標高1,700を超え、外気温は18℃ほど。雨も止んだし、窓を開けて走って、涼しかった( ̄∇ ̄*)

そんなこんなで甲府盆地まで降りてきて、まぁ高速\1,000も無くなったし、一般道を走って帰るか~と思ったのが運の尽き。

大月手前、初狩付近から大月あたりまで、VICS情報に載ってない、全く動かない渋滞にはまりんぐ。しかも高速も詰まってるから大月I.C.で降りてくるし、合流する一般道よりもなぜか高速から降りてくる方がその先の一般道に入りやすいというふざけた仕様で、国道側がさっぱり進まず。両側が山だから脇道に抜けるわけにも行かず… わずか5km程を進むのに2時間もかかる鈍足っぷり。歩く速度の半分だよ!?(;´Д`)

仕方なく、夕食にほうとうを食おうと思っていたのも諦め、大月から道志みちに抜けて山越えをして帰って、結局帰宅したのは22:30頃。甲府から5時間もかかった(泣)

最後はさんざんな目にあった、そんな休日でした。

最後に、奈良田付近の地図をば。なかなかアクセスしづらい場所にあるよな~。

より大きな地図で 2011.08.07 奈良田の里温泉 丸山林道 を表示

|

« 東日本大震災 被災地見学 陸前高田 | トップページ | 東日本大震災 被災地見学 大船渡・釜石 »

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良田の里温泉、丸山林道:

« 東日本大震災 被災地見学 陸前高田 | トップページ | 東日本大震災 被災地見学 大船渡・釜石 »