« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年4月

BD-1 チェーンリング交換

先日、愛車のBD-1について、20インチ化したわけだけど、追加でカスタムしてもらった。

20インチ化+カプレオ9速化+カプレオハブ化で、直進安定性の獲得とギヤのトップ方向へのスライドをしたわけだけど、トップ方向へ行きすぎてローギヤがきつくなった。

で、フロントダブル化も某所で勧められていたわけだけれど、小径車の聖地(?)、和田サイクルに相談したところ、次のような理由からおすすめできないと言われた。

  • シートポストの角度がロードと異なり、取り付けに向かない。
  • フロントとリアのチェーンの角度が急で、フロントディレイラーと相性が悪い。
  • 必ずフロントディレイラーとフレームが当たる。

ということで、おすすめはしない、と。どうしてもダブルにしたいのであれば、手動変速の方がまだマシ、とのこと。(ディレイラーをつけず、停めてから手でチェーンを掛け替える)

他に方法は?ということで、フロントの軸自体にギヤを組み込んでしまう「スピードドライブ」というのがあるとのこと。

が、次のような特徴・問題から、おすすめしないとのこと。

  • そもそも8万円くらいと高価
  • 変速比が1:1.65くらいと大きく違うので扱いづらい
  • 雨ざらしにすることは無いとは思うが、雨に弱くすぐベアリングが錆びる
  • で、修理しようにもスイスまで往復で時間がかかる

ということ。

で、結論はと言うと、フロントのチェーンリングを56丁→52丁と小さいものに交換することに。これで、初期状態に近い程度までギアのレンジを低い方に戻しました。

やはりローギアはこれくらい無いと、しまなみ海道の坂道を上れないですからね。トップギヤも初期に近いくらいに戻っちゃったけど、ま、仕方ない。

 20140412_15133820140412_151344_2 20140412_151327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »