« 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:手配した物の一覧 | トップページ | 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:モーターとバッテリー »

電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:法令上の制約

個々のパーツについて触れる前に、リカンベントトライクならびにその電動アシスト化における法令について簡単に整理。
まず、リカンベントトライクだが、大抵は「普通自転車ではない自転車」に分類される。
法律上(道交法、道路運送車両法)、自転車という区分があるが、これのうち「長さ190㎝、幅60㎝」におさまるものを「普通自転車」いう。
何が違うのかというと、簡単に言えば、普通自転車ではない自転車は、歩道を走れない、ということ。
リカンベントトライクは大抵の場合、このサイズには収まらないので、「普通自転車ではない自転車」ということになる。
次に、これを電動アシスト化した場合にどうなるか。
電動アシスト化した際に、「自転車」として扱われるためには、日本に於いてはアシストの補助率で規定されており、最大200%で、10km/hを超えると徐々に下がり、24km/hで補助が0になる必要がある。
なお、海外では、出力(欧州では250Wらしい)で決まっていたりする。
この制限を超えた場合には自転車ではなくなり、原動機付き自転車などになっていくことになる。
リカンベントトライクの場合、モーターの出力が250W以上600W未満の場合、ミニカーという区分になる。これを超える出力の場合には、側車付軽二輪という区分になる。
ミニカーというのは、走ると(道交法)普通車、停まると(道路運送車両法)原付として扱われ、登録は原付と同じ市役所で自賠責保険も原付と同じ。任意保険も大抵はファミリーバイク特約などでカバー可能。走行時は普通車と同じなので二段階右折無しでヘルメットも不要(した方が良いと思うけど)。ただし高速道路は走れない。(走ろうとも思わないw)
法令関係をざっとまとめるとこんな感じ。ということで、これらを踏まえて、各パーツ等を解説していこうと思う。

|

« 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:手配した物の一覧 | トップページ | 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:モーターとバッテリー »

リカンベントトライク Performer Trike X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:法令上の制約:

« 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:手配した物の一覧 | トップページ | 電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:モーターとバッテリー »