« しまなみ海道と電動アシスト化リカンベントトライク | トップページ

電動アシスト化 ミニカー登録 リカンベントトライクへの道:補強関係②

続き。

  1. フロント泥除けステー(電動化対応強度)
  2. テールランプ取付パイプ&ステープレート
  3. ブレーキレバー、スイッチ穴空け加工

まず、フロント泥除けステー(フェンダーを支える部品)。

Dsc_3265

こんな感じに、高さ調整機能付きのステムを使って、タイヤ上部にステーを設置。

Dsc_3283

で、最初はこんな感じで、純正のフェンダーについている金具で固定してたんだけど、金具がやわすぎて、振動で破断。

Dsc_3698

現在はこんな感じでフェンダーとステイを直接固定。

次にナンバープレートステイ。

Dsc_33362 Dsc_3322

こんな感じで、後輪ハブ付近から後方に伸ばしたアームを作成頂きました。そこにナンバープレートやウィンカーなどを設置。

が、その後、いろいろ不都合(搬入出時に車体を立てたり)があり、ナンバーとライトの位置は変更。

Dsc_3354

こんな感じで、ライト類はシート上端へ、ナンバープレートはシート右下部へ。

いずれも、Topeakのバーエクステンダーにて設置。

ブレーキレバーの穴開けは、

Dsc_3288

こんな感じで、ブレーキランプ用のスイッチを引っかけるための穴を空けて貰いました。

まぁ、これも最近では、電動アシスト自転車用のブレーキレバーで、回生ブレーキ用のスイッチがついているのがあるから、そのあたりを流用出来そうですけどね。(このあたりとか

残りの…

  1. DC-DCコンバータ
  2. LEDリレー
  3. 制動灯スイッチ及びステー
  4. 主電源スイッチ及びボックス
  5. 配線マニュアル

については、まぁそのままなので解説は要らないかな?

ということで、最近の写真はこんな感じ。

Dsc_3760Dscn1282Dscn1280

|

« しまなみ海道と電動アシスト化リカンベントトライク | トップページ

リカンベントトライク Performer Trike X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しまなみ海道と電動アシスト化リカンベントトライク | トップページ